派遣薬剤師なら、自分のライフスタイルに合わせて働けるね

派遣薬剤師の求人ってどんなメリットがあるの?

薬剤師の資格を活かして働く方法は、多岐に亘ります。人によっては、 どうしても正社員で働きたいという人もいますが、最近は派遣社員として 働くことを選択する人も多く存在するようです。

そもそも、派遣で働く薬剤師のメリットとはどのようなものなのでしょうか。 代表的なメリットを3つご紹介していくことにしましょう。
保育園看護師の仕事内容は?

まず1つ目は、時間の融通が利くということです。職場によっては残業が 多く、プライベートの時間を確保することが難しいこともあるのが薬剤師 の仕事なのですが、派遣の場合は残業がほとんどありません。

また、事前に勤務する曜日や時間などを確認した上で働き始めることから、 小さなお子さんがいる女性でも、家庭と両立しながら働くことができるのです。

2つ目は、給料が比較的高いということです。勤務先にもよりますが、 ほとんどの場合、時給2000円前後から募集されているといえます。

また、地方都市で薬剤師不足に悩んでいる企業や医療機関では、時給4000円 前後で求人が出ているケースもあり、短時間勤務にもかかわらずかなり稼げる ことも珍しくありません。

最後の3つ目は、福利厚生が充実しているということです。薬剤師の資格を 活かして働く場合、派遣ではなくアルバイトやパートとして働く方法もある のですが、その場合は福利厚生が用意されていないことが多々あります。

しかし、派遣会社を通して派遣として働く場合、派遣会社の方で福利厚生 サービスを提供することになるため、一定の基準を満たしていれば正社員と 変わらないほどの待遇を受けることができます。

とはいえ、実際に働く前に確認しておいた方が良いといえますので、 特に保険関連についてはチェックしておく必要があるといえるでしょう。

派遣で働く薬剤師のメリットについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 薬剤師の資格を活かして働く方法は他にもありますが、働き方の1つとして 参考にする価値は十分あるといえます。

気になる場合は、いくつかの派遣会社に登録しておくことをおすすめします。
広島県薬剤師会

ドラッグストア勤務の薬剤師とOTC

OTCが薬剤師の悩みの種になっていることも珍しくありません。 ドラッグストアに勤務している薬剤師の多くが、OTCの扱いしか経験がないことに対して不安になっているようです。

OTCは調剤の知識がなくても取り扱えるので、今後薬剤師として働いていけるのか自信を失ってしまう人もいます。

それに、ドラッグストアは薬以外にも日用品を取り扱っていますし、レジ打ちや接客などの薬剤師の本来の業務以外の仕事が沢山あります。

薬剤師として優れたスキルを持っていても、接客が苦で仕事が嫌になったり、薬剤師としてのやりがいを感じられる仕事がしたいと思うようになって、転職を決意する人が多いです。

一般の薬剤師もそうですが、管理薬剤師も悩みを抱えている人が多く、管理薬剤師は薬の管理に加えて人材育成も任されることがあります。

薬剤師の中には無責任な人や、なかなか教えられたことを覚えられない人、コミュニケーションが円滑に行えない人がいるので、そうなると仕事に支障が出るようになります。

部下の失敗も管理薬剤師の仕事ですし、通常業務である薬の管理も行わなければいけないので、負担が重たくのしかかります。

人材育成ができていないと上から判断されると、改善案を提出しても断られ、八方塞がりになるケースもあり、このような人材育成の悩みとOTCの悩みの両方に管理薬剤師は悩まされています。

職場に相談できる人がいないのなら、転職支援サイトを利用するといいでしょう。 このまま今の職場にいてスキルアップできるのか?薬剤師としてのやりがいとは?…などの悩みを解消したい方は、転職するのも一つの手です。

だからといって、そう簡単に転職できるものではありませんし、今の職場に留まる方向も視野に入れて、解決策を考えることをおすすめします。

転職支援サイトを利用すると、電話やメールでプロからのアドバイスを受けることができます。 調剤のスキルを新たに身に付けたいと思っている方も、相談に乗ってもらってはいかがでしょう。

クレーム・苦情…薬剤師の尽きない悩みとは

薬剤師は専門性と接客のスキルが必要な仕事であり、患者さんやお客さんと接する機会が多い以上、苦情の悩みが付いて回ります。

特に、ドラッグストアは薬の相談だけでなく日用品も取り扱っているので、本来の薬剤師の知識に加えて接客能力が問われることになります。

他の薬剤師が働く職場と比べても、ドラッグストアに勤務する薬剤師は苦情に対する悩みを抱えている割合が高く、お客さんから直接クレームを言われることもあれば、本社からの苦情で反省文の提出を求められることもあります。

苦情が度重なって精神的に参ってしまう薬剤師もおり、その苦情の多くが「自分が原因ではない」ことも悩みになっているようです。

他の店員の接客態度が悪かったり、ミスがあった時も店舗全体のクレームになりますし、お客さんが感情に任せて怒りをぶつけてくることもあります。

こうした苦情はドラッグストアだけでなく、調剤薬局でもしばしばあり、患者さんは長い待ち時間を経て診察が終わると、薬を処方してもらう為にまた待たされることになるので、薬剤師にあたってくることも。

理不尽とも言えるクレームに対しては反論の1つでも返したくなるものですが、仕事のうちなのでそうもいきません。

管理職の管理薬剤師や薬部部長などになると、部下たちの相談に乗るばかりで、自分の不満は解消できず、悩みとなって蓄積されていきます。

苦情に悩まされているのなら、誰かに相談に乗ってもらえたらいいのですが、職場で相談に乗ってくれる人や体制が整っていない場合は転職支援サイトを利用するといいでしょう。

利用者や部下から苦情やクレームなどの不満をぶつけられてばかりで、あなたもたまには愚痴や不満を漏らしたい時もあるかと思います。

限界に達している方は、転職も視野に入れて相談してもいいかと思います。 仕事の悩みが原因で、うつ病などの病にかかってしまう人もいるので、深刻な事態に陥る前、早急に解決策を導き出しましょう。

↑ PAGE TOP